下地を科学するライナックス

床工事

HOME > こんな場面で使われています > 床工事

床工事で必要なこと

新築塗床施工

各種塗床材料を施す前にコンクリート表面処理を下地処理として使用されています。
コンクリート打設後のレイタンスの除去、雨打たれの脆弱層の下地処理として使用されています。
また、集じん機を連結する事で削った際に発生する粉じんの飛散を防ぎ、クリーンな環境で作業が行えます。

塗床改修施工

製造工場、食品工場等の改修工事おいて既存塗膜、脆弱層を切削、研磨で撤去し、強度のある表面が現れます。強度のあるコンクリート表面が現れ、接着性、耐久性が向上します。 また、集じん機を連結する事で削った際に発生する粉じんの飛散を防ぎ、クリーンな環境で作業が行えます。

床工事


こんな場所でも使われています

防水工事

防水工事

コンクリート解体工事

コンクリート解体工事

床工事

床工事

商業施設工事

商業施設工事

特殊工事

特殊工事

鏡面工事

鏡面工事

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

電話受付 / 平日9:00~12:00・13:00~18:00

お問い合わせはこちらから

Copyright(C) LINAX co.,ltd. All Rights Reserved.